Emyuu
topへ
 
おすすめ記事
Freebsd10.0LAMP
メールフォーム
添付メールフォーム
ビットコイン取引ボット

2017-12-08 02:43:59

ビットコインが上がる理由
トランザクションが詰まって殆ど通貨としては無価値のビットコインが上がる理由を考えてみた。

思いついたのは、移動することが、手数料が高すぎたり、時間がかかりすぎるからだと思った。
そもそも取引所にはそんなにたくさんのビットコインがあるわけでわない、どこかの取引所が値段が高いから移動して売ろう(アビトラ)しようとおもっても、遅すぎる、手数料たかすぎるのであきらめる。流動性がない状態で、外から入ってこないのだから、取引所の中の人が抱え混んだら、新規ユーザーはそこにある高い通貨を買うことになる。
ビットコインが抱えてる通貨として致命的な移動できないことこそが、バカに高くなってる原因の一つでわなかろうか?

2017-09-19 02:50:35

xml/apr_xml.c:35:10: fatal error: 'expat.h' file not found
なんこれ、apacheが入らんやん
どうも2.4.27からprefork禁止みたいな
まあ、もうwebサーバー自体どうでもいい感じーなので
なんのmpmでもいいか

./configure \
--prefix=/usr/local/apache2 \
--enable-modules=all \
--enable-mods-shared=all \
--enable-mpms-shared=all \
--enable-rewrite \
--with-ssl=/usr/bin \
--enable-ssl \
--with-included-apr \
--with-pcre \
--enable-dav \
--enable-so \
--disable-ipv6\
--with-mpm=prefork

で入れたら。
インストールできたぽよ


ああでもね、このバージョン使わないほうがいいかもね、phpいれると


--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \

あたりが原因でエラーでるわけよ
Sorry, I cannot run apxs.  Possible reasons follow:
 
1. Perl is not installed
2. apxs was not found. Try to pass the path using --with-apxs2=/path/to/apxs
3. Apache was not built using --enable-so (the apxs usage page is displayed)
感じのね
まあ、想像だけどprefork使えないくしてphp側でうまくconfigureが通らない
のを他のソフトのことまで気が付いてないんじゃなくて?

一個apache古いのにしたら最新phpは入ったからね。
そんな感じ~

適当でも動けばいいさみたいな。


ってインストールできたが

/usr/local/apache2/modules/libphp5.so
がないでねーか
ググるとバグらしい、
めんどくさい、昔のphpでいいわ。

というかー、開発してる頭のいいーーー方々も劣化した?
昔からだけど、スマホなんて便利なものになって、
僕もかなり劣化したし、
無料のものなんて適当よねー
古いのいれたら動いた。
教訓
新しいものは運次第なので古いのもとっとく。

2017-08-29 00:57:58

億りびと
この場合のおくりびととは、仮想通貨を買って
それが高くなって億超えた財産を持つ人のことのようです。
そんで上場前のicoという仮想通貨をみんな紙屑にすらならにのを覚悟で
買って100円も値段がついたらオクリビトみたいなのを狙ってるみたいです
そんな関係と資金調達を約たたずの銀行から仮想通貨に頼ってみようという
取引所みたいなのが今度できるみたいな話でアフェリエイトもかねて
貼っておきます。
うまくいくか、よくわからんけど

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=7f5dac41b422750c343dfb6c292bc4fa

2017-06-13 02:58:20

異常な発注により注文が一定期間制限されています
bitflyerでバンされたらしい。
細かいお金でリスク最小でIFDOCOでメイカーで稼ごうとしたのが負荷になったらしい。
同じようになった方が大金持ちなら弁護士にでも相談してみてください。
僕のように貧乏ならFXでポジション抱えたまま、どうか逆相場になりませんように
と願いつつ一週間待ちましょう。
その間何も保障がありません。ポジションは手動でも解除できません。
そういう仕様です。
ちなみに私はbotでメイカーでちょっとずつ離して指数してただけです。
嫌がらせテイカーをしてたわけでわありません。
貧乏に救いはないようです。
お金持ちどうしの争いには邪魔をしない程度に入らないと理由も教えてもらえず
あるとき突然、なんの音沙汰ももなくbanされます。
理由を教えてもらえないので想像するしかないけども、一回に指数するお金が
安すぎた。狭いレンジに一杯おいたのが原因ようするにトラリピやめろ
ということと想像します。
zaifも昔はお金払いすぎたdbの作りが甘かった帰してくださいというんで、返したけどね。何も言わないのが方針なのはよくないと思う。
毎回稼がせてもらってるとこに嫌がらせするつもりなんて、(BFは全然儲かってないが)
ライバル会社でもなきゃないだろうに。。。。。






2017-04-02 23:23:09

FreeBsd11.0 myasql5.7
なんかmysqlが色々変わったみたい。
忘れないようにメモ

時代は変わって、みんなスマホしかしなくなったみたいだから
できる人だけできる感じで説明なし。


あーなんか前と違うとややこしいので、バイナリファイルでのmysql-5.7

https://www.mysql.com/downloads/

MySQL Community Edition (GPL)を選びます。

更にMySQL Community Server (GPL)を選ぶと、プルダウンになるので、

FreeBsdを選ぶよ。

すると、FreeBSD 11 (x86, 64-bit), Compressed TAR Archive
をダウンしてftpで
/usr/local/srcにでも入れて




cd /usr/local/src

tar zxvf mysql-5.7.18-freebsd11-x86_64.tar.gz

cp -pr /usr/local/src/mysql-5.7.18-freebsd11-x86_64 /usr/local/mysql

pw groupadd mysql
pw useradd mysql -g mysql -d /usr/local/mysql -s /nonexistent

cd /usr/local/mysql

chown -R mysql .
chgrp -R mysql .

mysql_secure_installationを使いうのが新しい方法だがよくわからんので

/usr/local/mysql/bin/mysqld --initialize
[Note] A temporary password is generated for root@localhost: tu8ne2kr)WKG
控える

dataフォルダができるが権限が違うのでこのままだと起動しない
もう一度
chown -R mysql .

dataフォルダがmysql権限になっているか確認すること。


/usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &
起動する

mysql -u root -p
tu8ne2kr)WKG

root@localhost [(none)]> alter user 'root'@'localhost' identified by '新しいrootパスワード';



以後dbはすべて/usr/local/mysqlに入るからこのフォルダを消せばインストールしなおしもできる。




場所が変わってるんじゃなくて読み込み順でここでよかったみたい

vi /etc/my.cnf


[client]
port=3306
default-character-set = utf8

[mysqld]
log-bin=mysql-bin
server-id=1001
expire_logs_days=14
max_connections=450

port=3306
character-set-server = utf8
#skip-character-set-client-handshake


# Remove leading # and set to the amount of RAM for the most important data
# cache in MySQL. Start at 70% of total RAM for dedicated server, else 10%.
 innodb_buffer_pool_size = 128M

# Remove leading # to turn on a very important data integrity option: logging
# changes to the binary log between backups.
# log_bin

# These are commonly set, remove the # and set as required.
# basedir = .....
# datadir = .....
# port = .....
# server_id = .....
# socket = .....

# Remove leading # to set options mainly useful for reporting servers.
# The server defaults are faster for transactions and fast SELECTs.
# Adjust sizes as needed, experiment to find the optimal values.
# join_buffer_size = 128M
# sort_buffer_size = 2M
# read_rnd_buffer_size = 2M

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES




mysql -u root -p
パスワードでログイン


mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'char%';
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name            | Value                            |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client     | utf8                             |
| character_set_connection | utf8                             |
| character_set_database   | utf8                             |
| character_set_filesystem | binary                           |
| character_set_results    | utf8                             |
| character_set_server     | utf8                             |
| character_set_system     | utf8                             |
| character_sets_dir       | /usr/local/mysql/share/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+
8 rows in set (0.01 sec)
前のと全然違うw
いいんじゃないかな


1・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7・ 8・ 9・ 10・  次>> [25]